元本の額によって変わってくるアルファロックの収益

元本の額によって変わってくるアルファロックの収益

アルファロックでは、元本の額が大きいほど収益が大きくなり、損益分岐点のタイミングも早くなってきます。ここでは元本の額によってどう変わってくるかをシミュレートしてみたいと思います。

※ 途中での元本追加なし・収入上限を考慮しない場合の参考値

※ 出金手数料は月1回までの無料枠を利用する想定

アルファロック公式HP

元本1000ドルの場合

元本1000ドルの場合、アービトラージ報酬が0.3%でアクセレレイト報酬も0.3%になります。

この場合、損益分岐点は89日目。これ以前に運用中止すると早期終了手数料30%により−20.90%の損失となります。

その後、運用264目で早期終了手数料20%を考慮しても元本込みの最終差引収益は2倍となります。

運用366目、約1年後では早期終了手数料0%になり、元本込みの最終差引収益が2,990.24ドルで約3倍となります。

元本5000ドルの場合

元本5000ドルの場合、アービトラージ報酬とアクセレレイト報酬はそれぞれ0.4%です。

損益分岐点は67日目。ここからプラスになります。

その後198日目で約2倍、271目で約2.8倍、運用366日目(約1年後)で21,533.06ドル、元本の約4.3倍になります。

元本10000ドルの場合

元本10000ドルの場合、アービトラージ報酬とアクセレレイト報酬はそれぞれ0.5%です。

損益分岐点は54日。運用164日目で2倍、271日目で3.7倍、1年後では62,005.26ドルで6.2倍となります。

元本50000ドルの場合

元本50000ドルの場合、アービトラージ報酬が0.6%、アクセレレイト報酬は0.5%です。

損益分岐点は46日。運用144日で約2倍、181日で2.6倍、271日で4.3倍。

1年運用すると、362,031.56ドルとなり、約7.2倍になります。

元本100,000ドルの場合

元本100000ドルの場合、アービトラージ報酬が0.6%、アクセレレイト報酬は0.5%です。

損益分岐点は46日目で、運用144日で2倍、181日で2.6倍、271日で4.3倍、366日で7.2倍になります。

元本250,000ドルの場合

元本100000ドルの場合、アービトラージ報酬が0.7%、アクセレレイト報酬は0.5%です。

損益分岐点は40日目。運用129日で約2倍、181日で約2.8倍、271日で約4.9倍、1年後で約8.3倍になります。

アルファロック公式HP TOPページを見る