アルファロックの戦略についてもう少し詳しく

アルファロックの戦略についてもう少し詳しく

メインページでも解説したように、アルファロックの基本的な戦略は「アービトラージ(裁定取引)」によって成り立っています。

取引所間で発生している価格差を利用することで差益を狙う手法ですが、これについてもう少し詳しく見てみましょう。

アルファロック公式HP

リスクを最小限に抑える独自アルゴリズム「RAA」

アルファロック独自のアービトラージ戦略は「RAA」と呼ばれるものです。RAAとは「ロバスト化アルゴリズムアービトラージ」の略。何やら難しそうですが、簡単に言うとアービトラージを自動化して手間や時間を省き、市場の変化に対応して取引を成功させるものです。

市場の状況はまさに刻々と変化するため、アルファロックでは連続する買い/売り注文の実行間の時間を「ナノ秒単位」で行っているそうです。

これはアルファロックが「アービトラージではスピードがすべて」と考えているためで、そのために作業を自動化することによって高速に行い、24時間市場を監視することによって最適な取引ができるというわけですね。

状況に応じて適切な戦略を選択

上でも書いたように24時間市場を監視して変化に対応するために、ALPHAシステムによってその都度戦略を変更しています。それが7つのアービトラージです。

・デュアルブリッジアービトラージ

・三角アービトラージ

・価格差収束型アービトラージ

・プライムレートアービトラージ

・ミーン・リバージョンアービトラージ

・スポット・フューチャーアービトラージ

・ヘッジングアービトラージ

分析したデータに合わせてこれらの中から最適なものを選択してくれます。ただ、この中でもメインで使われるコア的なアービトラージは3つに絞られます。それぞれの特徴をもう少し説明してみましょう。

①デュアルブリッジアービトラージ

デュアルブリッジアービトラージとは、同じコインを異なる取引所間で売買することで差益を狙う戦略です。

同じコインが「A取引所が100ドルに対しB取引所が105ドル」などと価格の不一致が発生した場合、その同じコインを異なる取引所で一度に売買します。

この価格の不一致を他より早く見つけることがアルファロックの言う「スピードがすべて」ということであり、それを独自システムであるRAAによって可能にしているというわけです。

②三角アービトラージ

こちらはメインページで説明済みのため省略します。付け加えるとすれば、アルファロックではレバレッジを用いた裁定取引も行っているので、3倍のレバレッジを働かせて利益額を3倍にすることが可能です。

③プライムレートアービトラージ

プライムレートアービトラージでは、市場の相場が急落した場合にも対応。リスクが限りなく0に近い状態で有益な取引を行うことができます。

アルファロック公式HP TOPページを見る